杉並区,中野区,世田谷区,新宿区,練馬区 ガラス修理は安い価格、アルミサッシ、網戸張替ならガラスレンジャー

グラサード<GLACADE> 大板ガラス開口部

大板ガラス開口部工法。上下変位を吸収するタイプや、地震時のズレを吸収するタイプなどがあり、開放感のある空間を構成できます。

特長

フェイスプレート、リブガラスともガラスで構成することができ、サッシ枠などに妨げられない、連続した透明開口部を構成できます。

ガラス高さが高い場合には、ガラスを吊り下げることで理想的な垂直面となり、ゆがみの少ない反射・透過像が得られます。また、たわみによる内部応力、セッティングブロックによる局所応力の発生を防ぎます。

スライド式2重枠により、地震の際に発生する層間変位を吸収。ガラスの破損を防止します。

上枠部分に中空ガスケットを使用し、はね出した床の上下変位を吸収します。競馬場や競輪場、競艇場などの観覧席に、多く採用されています。

主な用途

ショールームや、競馬場、競艇場など、透視性を重視する大開口部。

≫ その他 特殊ガラスの種類はこちら

価格

価格については直接お問い合わせください。03-3312-0339

お問い合せフォーム

弊社取扱いガラスメーカー

下記ガラスメーカー製品の中からお客様のご予算、用途に応じてお見積りいたします。もちろんお見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻ります

杉並区・中野区・世田谷区・新宿区,練馬区 ガラス修理は安い価格、アルミサッシ、網戸張替なら株式会社 但野硝子

HOME > 特殊ガラス > グラサード